HOME » 無線LANメリット・デメリット

無線LANにするメリット

1.LANケーブルが不要になり部屋がスッキリするし、
模様替えの時に置き場を悩んだり、困ったりするようなことが無くなる。

2.プリンターなどの周辺機器を無線で共有できる。

3.iPadなどのタブレット端末を3G回線で使用すると、
低解像度に自動変換されてしまうが、
無線LAN環境だと高解像度のまま使用できる。

4.無線LAN機能を備えたテレビやブルーレイレコーダーなど
家電製品も無線で接続できる

5.光フレッツやAUひかりで採用されている
プロトコール(PPPoE)をパソコン内で処理せず、
ブロードバンドルーター側で処理させることで、
パソコンへの負荷を軽減できる。


無線LANにするデメリット

無線LANメリット・デメリット

1.手動で設定する場合、パソコンの知識が必要。

2.鉄筋コンクリートは電波を通さないので、
鉄筋コンクリートの建物の場合、親機の置き場所によっては、
無線LANが利用できない場所もでてくる。
※木造ならば、ほぼ大丈夫です。


コメント

古いパソコンでインターネット接続する場合、
プロバイダーセットアップCDをインストール後、
起動に時間がかかるようになったりする場合がありますが、
ブロードバンドルーターを導入することで、
改善する場合があります。

ただし、パソコンのスペックに左右されるので、
別途改善手法を記載します。