HOME » 速度が落ちる理由

フレッツ光&AUひかりで速度が落ちる主な理由

戸建タイプでは一本の専用回線を必ず占有できますが、
マンションタイプではVDSL方式の接続方式を使用していると
速度が出なくなる場合がある。

理由は、マンション内の各お宅に引き込むのに、
既存の電話回線(メタル回線)を使用しているからである。

メリットもあり、月額料金は安く済ませることができます。

割安にネット料金を抑えることができることから
マンションに採用されている場合が多いので、
入室前や光インターネットを始めようと検討している方には、
是非チェックして欲しいポイントです。

※AUひかり特有の原因を確認したい方は、こちら ← クリック


光インターネットで無線LANを利用する時は・・・

Wi-Fiといった方がイメージしやすいと思いますが、
無線LANを使用する際も気を付けなければいけません。

ADSLからの乗換で光インターネットを使用する場合、
古い無線LANルーターを使用すると光の速度を
充分に引き出すことが出来ません。

理由は、無線LANも規格が進歩して、
遅い規格の無線LANルーターであるかもしれないからです。

ですから、光インターネットでは、
光インターネットの速度をフルに生かせる
『11n規格(最高300Mbps)』の規格を持つ
無線LANルーターを選ぶようにしてください。


コメント

特に古いパソコンを使用している場合は、
無線LANルーターを設置した方が断然早くなります。

理由は、スペックがないのにパソコンで
ある仕事をさせているからです。

次のページ>> 実例&解決方法は?