HOME » フレッツ光とAUひかりの違い

フレッツ光とAUひかりの違いって?

フレッツ光とAUひかりの違いを、
簡単に説明しているサイトが無いので解説したいと思います。

そもそも光回線で利用できるサービスは、
インターネット・IP電話・デジタルテレビの3つです。

フレッツ光・AUひかりでは出来ることが違うので
順だって解説していきたいと思います。

インターネット IP電話 テレビ
(ビデオチャンネル、
地デジ、CS、BS)
フレッツ光
理論値速度

一部特殊電話に未対応
AUひかり
理論値速度

地デジ、CS、BS未対応

フレッツ光の特徴

フレッツ光 NTT東西が提供している光インターネット・
サービスなので、ほぼ全国で対応可能。
地デジ対策ができるのも特徴です。

利用できるプロバイダーの選択肢が広いことから、
販売代理店やプロバイダー主催などの
キャンペーンも豊富です。



AUひかりの特徴

AUひかり KDDIが提供している光インターネット・サービスで、
フレッツ光より月額料金が安いのが特徴。

ただし、対応エリアが狭く、
利用できるプロバイダーは7社のみです。

auのスマートフォンを利用していると、
”ネット代”と”固定電話代”を対象に最大1,480円/月も割り引かれる
『auスマートバリュー』が発表されてから加入者が急増しています。



回線シェアの違い

光回線のみでフレッツ光とAUひかりの
回線シェアがどのよう違うのかも気になる所でしょうから、
統計データーを参考に見てみましょう。

フレッツ光のシェアは全体の3/4を占め圧倒していますが、
サービスの善し悪しというよりは
ほぼ全国どこでもつなげることのできるからですね。

・FTTH(光回線)の契約者数シェア

詳しい数値は出典元からの注意事項がありますので掲載できません。

詳細な数値を知りたい方は、お手数をかけますが
以下の出典元の公式サイトでご確認くださいm(__)m

出典表記:(株) MM総研 [ 東京・港 ]